にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
このボイトレ法に限らず、もっというと歌唱時にも言えることですが
喉を開くこと、そしてこれは人それぞれですが鼻に響かせることがとても重要です。
特にロジャーボイトレでは強く意識してもいいくらいではないでしょうか。
というのも、彼が提唱しているミドルボイス(ミックスボイス)は鼻の共鳴を利用したものであるからです。
「Mum」や「No」などは鼻腔共鳴を体に染み込ませるためのものです。
これに関して弓場さんは奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOKで鼻腔共鳴は不要であるとキッパリ断言してしまっています。
弓場さんはオペラ出身であることに対し、ロジャーさんはバリバリのロック出身です。
歌唱のスタイルの違いがこうした意見の相違をもたらしたのでしょう。
なので鼻腔共鳴を歌で使うか使わないかは完全に個人に委ねられます。
しかし、ボイトレというのは普段使っていない喉の筋肉、神経の動きを呼び覚まし自由に使いこなすことです。
だとすると様々な発声方法を試みてより練習の効率を高めるほうが良いのではないでしょうか。
いずれにせよ、ここは一つ、騙されたと思っておもいっきり鼻に響かせる要領でロジャーボイトレをやってみてください。
これまで意識したことがなかった方なら驚くほど練習の効率が変わるのではないでしょうか。