にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
ネットで偶然見つけたもので、転載になります。
自分用という意味も含めて本項で紹介しておこうと思います






413 名前:選曲してください[sage] 投稿日:2011/08/25(木) 00:50:59.31 ID:dwYYxnkd [1/3]
過疎ってるしロジャーのこつをひっそりと書いてやる

mam(んまん)
一番最初にコツをつかんだのがこれ
喉仏下がり目で固定して上がらないように注意しつつ喉開けて「んまん」て感じでやる
ミドル域は眉間から音だすような感覚
YUBA経験者はすぐできるかも
これひとつ出来るようになったからってなったらあとはほかの発音もこれを意識すればいいだけ

no(のぅ)
まむができたら余裕

nah(ねぁー)
上と同じ
舌は下の歯の裏に軽く触れるところに力を入れずおいてくといい

nay(ねい)
注意がひつような発音
ねいは喉絞めできっかけを掴むためのもので、mam等でやりかたわかったら意識的に喉を開けながら発音する方向にかえたほうがいい

gog(ごっ)
ポイントはふたつ
顎をちゃんと動かすことと、ごっでちゃんと止めること
ゴーゴーはダメ
顎を開きながら「ごっ」と発声するように

goog(ぐっ)
個人的に一番難しかった
gogと同じ要領で顎をしっかり動かしつつ、開けながら発音、しっかり止める
ぐぉっ→ぐっ→くっ→クッって具合
正しい発声ができてると20分のウォームアップでも喉に程よい疲労感がでてくる




ロジャー本では「グッグ」を始めに様々なボイトレの方法が紹介されていますが、付属CDだけを聞いてもわからないことがあります。
というと、その練習についてどのように発声すればいいか、気をつけるべきことは何かについてはほとんど何も説明されていないのです。

ロジャーさんの本はとても素晴らしいと思います。
私はエッジボイスを推奨しておりませんが、その理由というと実際の歌に利用しにくいと考えているからです。
ロジャーさんのボイトレは歌にも結びつきやすく、また、エッジボイスよりも効果があると言えると思います。

下がロジャー本です。