にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
某スレで見かけたのでこれについて記事を書いてみます。
ここで言う喉の奥というのはどうやらつむじ辺りで、そこに声を当てるイメージで発声することがミックスボイスのコツだそうです。
そういう人もいるのでしょうが、私はそんな感覚はありません。
少なくとも「つむじに響く感覚がないからミックスボイスができていない」ということにはならないと思います。
ただ、響きを得るという点ではつむじに声を当てるというのは非常に重要なことです。
というのも、つむじに声を当てられる状態というのは喉仏が上がっていない状態であり、喉が開いているということだからです。
喉が開いていれば、喉に空間が生まれ、そこで声を回す(という言い方になってしまって申し訳ありません)ことで理想的な「響き」を得られるからです。
そういう意味では喉の奥を使って歌うというのも必要なことですね。

もちろん、胸で響きを作るのも鼻で響きを作るのも決して間違いではありません。
それぞれの場所で響きを作ると、当然異なる響きが生まれます。
歌唱スタイル、個人の好みによってどんなふうに響きを生み出すのかは違います。
ただ、ミックスボイスにはこれらの響きが不可欠なのかというとそうではないということです。