にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
喉を開いたほうがいいというのは、声を響かせるのが目的だからです。
これは発声が良ければ必ず身につくというわけではありません。
ある程度意識しなければならないでしょう。
とはいえ、発声が良ければこのことで悩むことはあまりないと思います。

実は、高音が出ない人は喉をおもいっきり開いてみると良いことがあります。
喉を開くことで鼻に響きやすくなり、結果として高音が伸びるのです。
さらに、喉を開くということは喉仏が下がるということにもなります。
喉仏が下がれば(上がらなければ)高音が出やすくなるのは当然です。
そして、力も入りにくくなるので適度な脱力にもなります。
喉を開いた状態で高音を出すと自然と裏声の成分が強くなります。
これによって、ミックスボイスを見つけるきっかけにもなるかもしれません。

喉仏の位置や脱力を意識する人は多くいますが、喉仏を開くということは盲点になりやすいです。
特に長い間ボイトレをしている人にとっては次第に優先順位が低くなっていると思うので
この機会に一度喉の状態を確認してみてください。